スポンサーリンク

今さら聞けない!「ASMR」の読み方って?脳がとろけるってどういうこと?

スポンサーリンク
キュレーション
スポンサーリンク

こんにちは、堀江謙介です。(@kentravel0512

昨年JC・JK流行語大賞にも選ばれ、若者を中心にYouTubeやSNSで話題となっている「ASMR」。

「頭や背中がゾワゾワする」というような奇妙な快感を求めてASMR動画を視聴する人が増えています。

ここではそんなASMRとは一体なにか、どう読むのという疑問から、ASMRの種類、おすすめ動画まで解説。

ぜひ、自分にとって快感のASMRをみつけてみてください。

ASMRって?読み方は?

ASMRとは「Autonomous Sensory Meridian Response」の略。

これに該当する日本語はありませんが、直訳するとしたら「自律感覚絶頂反応」と訳すことができます。アメリカ人女性ジェニファー・アレンがこの奇妙な感覚に「ASMR」と名付け、『ASMR University』を立ち上げたことで、ASMRは世界中に広がっていきました。

読み方は「エー・エス・エム・アール」、「アサマー」、「アムサラ」、「アスマー」、「アズマー」とさまざま。日本ではまだ読み方が定まっていないようですが、「エー・エス・エム・アール」と呼ばれることが多いようです。また、海外ではASMRを制作する人をAsmrist(アスマーリスト)、ASMRの効果を引き出す聴覚や視覚からの刺激をTrigger(トリガー)と呼びます。

ASMRは聴覚や視覚からの刺激によって、耳の奥や脳、背中がゾクゾク・ソワゾワと気持ちよく感じる感覚を指し、中には「脳がとろけるような快感」と表現する人も。科学的にはまだ解明されていないことが多いASMRですが、健康にいいなんて研究結果も出てきており、国内外で注目されている分野です。

人によって快感を覚える音や映像はさまざま。咀嚼音やキーボードのタイピング音に快感を覚える人もいれば、逆に不快感を覚える人もいます。つまり、ASMRとはかなり個人差があるパーソナルな感覚なのです。

ASMRの種類とは?定番のトリガー5選

続きはコチラ

 

PS: 只今、ストレスフリーで楽しく裕福になるための3つのヒントを無料でプレゼントしています!↓

(クリックしてください)

 

タイトルとURLをコピーしました