スポンサーリンク

クラシックバレエ発表会の中止が追い打ち バレリーナが破産

スポンサーリンク
キュレーション
スポンサーリンク

こんにちは、堀江謙介です。(@kentravel0512

バレリーナ(株)(TDB企業コード:982617461、東京都板橋区桜川2-22-3)は、7月17日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は佐藤真太郎弁護士(東京都港区西新橋1-6-12、佐藤真太郎法律事務所、電話03-6257-3811)。

当社は1963年(昭和38年)3月に創業し、82年(昭和57年)7月に法人改組した。トウシューズやバレエシューズ、タイツ、ボディファンデーション、ニットウエアなどクラシックバレエ用品の製造販売を手がけるほか、フォークダンスやフラダンス関連用品の販売を手がけ、2001年6月期には年売上高約10億円を計上していた。

しかし

続きコチラ

PS: 只今、ストレスフリーで楽しく裕福になるための3つのヒントを無料でプレゼントしています!↓

(クリックしてください)

 

タイトルとURLをコピーしました