スポンサーリンク

お勧め本2

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

こんにちは、堀江謙介です。(@kentravel0512

お勧め本の続きです。

今日は小説編です。

<僕らの七日間戦争>

by:宗田理

子供のころ家が厳しくてゲームなど
やらせてもらえませんでした。

唯一、許された娯楽が小説でした。

小説は好きなだけ読ませてもらいました。

子供たちが親と先生の矛盾に反発して
立てこもってバトルする小説なのですが
私の人生そのものだといつも思います。

大きな力や矛盾に対しての反抗心は
この本から生まれた気がします。

小学五年生の時にこの本を読んで
その後、不良になった所を見ると
かなり影響を受けたのだと思います。

そして著者の宗田理さんの文体と
私の文体が似ていると言われるのですが
かなり読み込んだので私のコピーの
元になっているのだと思います。

彼の物語の進め方や文体が
私のコピーの原点なのかもしれません。

https://amzn.to/361wqSh

<幸福な生活>

by百田尚樹

友人に教えてもらい
読んだ本なのですがビビリました。

この本を読んだ時、

「文字でここまでエンタメを出せるのか!」

と感動しました。

ストーリーや裏切り感も面白いのですが
オチの描写が凄いです。

短編小説ですので読みやすいです。

私は小説家ではありませんが
物書きとしてかなり参考になりました。

https://amzn.to/2LwTnmW

今日は本を読む時のポイントを
もう1つ話します。

『本は辞典』という話を前回しましたが

今日は『寝転がりながら読むな』です。

小説なら良いと思いますがビジネス書を
寝転がって読む人がいます。

しかもメモをとらないで読みます。

人間の記憶力はそんなに良い物では
ありません。

メモしないと忘れます。

つまり読むだけ時間の無駄、
という事になります。

私は基本的にパソコンを開いて
メモをとって読みます。

そのためセミナーの時などの資料に
すぐ変更する事ができます。

本を買ったり読んだりすると私達は
勉強したつもりになってしまいます。

しかし読むだけでは記憶に残りませんし
使い道のないノウハウを覚えても
意味がありません。

本は目的をもって読まないと
本当に時間の無駄になります。

使い道が決まっているノウハウを
メモをとりながら読むようにしてみて下さい。

 

PS: 只今、ストレスフリーで楽しく裕福になるための3つのヒントを無料でプレゼントしています!↓

(クリックしてください)

 

タイトルとURLをコピーしました