スポンサーリンク

働く業種で600万円以上も差が付く給与水準

スポンサーリンク
キュレーション
スポンサーリンク

こんにちは、堀江謙介です。(@kentravel0512

 

「長く働けば良いというものでもない」と言う声も聞こえてきそうですが、平均で見れば給与は勤続年数に比例して増えていきます。勤続1~4年の給与は321万5000円ですが、勤続30~34年になると681万4000円まで増えます。年功序列といったところでしょうか。ただ、勤続35年を超えると586万円へ百万円近くも下がります。大卒なら60歳を前に減少し始めるということです。

電気・ガス・熱供給・水道業の平均給与は759万円
勤続年数による給与の増減は業種によってかなり違います。業種を14に分けて業種別の平均給与と勤続年数による平均給与もグラフにしてみました。

 

 

続きはコチラ

 

PS: 只今、ストレスフリーで楽しく裕福になるための3つのヒントを無料でプレゼントしています!↓

(クリックしてください)

 

タイトルとURLをコピーしました