スポンサーリンク

情報商材の稼ぐまでのステップ

スポンサーリンク
情報販売
スポンサーリンク

こんにちは、堀江です。(@kentravel0512

私は、情報商材を本当に愛しています。

理由として、一般の人が成功者になれる唯一の方法だと思っていますし、世の中を変えれると思っています。

 

さてさて、それでは本題です。

 

情報商材の稼ぐまでのステップを解説します。

 

情報販売ビジネスは、

情報商品(情報商材)を

販売して利益を得る

という至ってシンプルなビジネスモデルになります。

 

しかしながら、

情報商材になれていない人からすれば少し難しそうと思いますよね?

 

それはなぜか、

単純に身近な人で情報販売をしている人がいないからです。

 

そうです。

いないのです。

 

参入者が少ない市場なので、まだまだ全然可能性がある世界なのです。

 

用意するモノ

1.商品の作成

レポートや動画で商品を作成します。

 

2.販売ページの用意

専門用語で、セールスレターといいます。

要は、商品の説明ページになります。

 

3.販売開始

ここで、準備するものとしては、インフラ関連になります。

例えば、クレジットカード決済システムとか銀行口座とか諸々のインフラ関連になります。

 

極論を言うと、これだけです。

 

これだけを用意すれば情報販売が出来る状態になります。

 

商品を作る⇒販売する⇒儲ける

実にシンプルなビジネスモデルですね。

 

では、この3つの大きなステップをそれぞれ個別に解説していきます。

 

1.情報商品の作成

ノウハウを教材にする段階です。

順番として、この流れがおすすめです。

先に商品説明ページを用意する人がいますが、それよりも商品を先に作成した方がいいです。

 

理由として、商品を作り込む工程で、どんどん商品に愛着が湧き、商品に愛情が注がれていきます。(これ割と重要です。自分の商品を愛していないと本当に売れません。)

 

で、どんな商品を用意すればいいのか、

用意する商品は、動画や音声データ、PDFなどといった、目には見えないもの。

 

いわゆる「無形商品」と言われるものです。

 

一般的には、書籍が、PDFになっているような感じであり、専門学校やビジネス教室が、オンラインの動画になっているイメージです。

 

つまり、初期費用はかからず、

在庫を抱える必要もないので、

取り組むリスクが

限りなくゼロに近いのです。

 

動画の作成は、スマホのカメラを使ってでも大丈夫です。

 

PDFもwordやPowerPointなどを使います。

 

文章を書くのが、慣れていない人からすると、あなたが用意しようとしている商品と同じジャンル、関連書籍を購入して目次を参考したり、一度誰かにノウハウを口頭で説明してそれを動画で取る方法も良いと思います。

 

商品の質が高ければ高いほど、

購入者には喜んでいただけますが、

まずは作る事が重要です。

 

情報商品は、あとから修正したり、内容を増やしたり、自由自在に何度でも商品を出した後に調整することができます。

 

私の場合は、商品を販売した後、参加者にアンケートを取って、随時商品の内容をアップデートしています。

 

ここで重要なのは、完璧主義ではなく、

どんどん進化させていく、

改善主義の意識が大切なのです。

 

いまいちイメージがつかないという場合は、

このinfotopのサイトから商品を何となく見て安い商品を買ってみてください。

 

当たり前と言えば当たり前ですが、

自分の将来に投資を出来ない人は、

絶対に成功出来ません。

 

すでに過去に情報商材を購入したことがある場合は、改めて販売者目線で見返してみるのがお勧めです。

 

消費者の目線から、販売者の目線になった時、もしかすると大きく違うように見えると思います。

要は、仕掛けられる側から仕掛ける側になるということです。

 

そもそも何を売ったらいいのか?

といった悩みをお持ちの方も多いですよね?

いきなりノウハウを販売しろと言われても、そもそもノウハウが無いと思ってしまいますが、これは大きな間違いです。

 

正直言いますが、実際に情報商材を販売開始したとしても売れない人もいます。

 

それはなぜか、理由として、

売りたいものを売っているからです。

 

そもそも、これは商売の基本として間違っていますよね?

 

大切なのは、

人が欲しいものを売る。

これが重要なのです。

 

話を戻しますね。

 

あなたは今何か悩んでいることや、改善したい事ってありますか?

 

例えば、もっと痩せたい、もっとモテたい、もっとオシャレになりたい、もっとお金持ちになりたい。

 

とか何か悩みや改善したいことはありませんか?

 

要は、これがニーズなのです。

 

あなたの悩みは、他の人も悩み、改善したいのです。

 

例えばですが、私は英語を話せるようになりたいです。

とあなたが今以上に英語を話したい、改善したいと思ったとするじゃないですか?

 

で、実際にあなたが英語を学びます。

学び方は、本を買うなり、英会話スクールに行くなりしますよね?

 

そこで学んだことを自分なりに、オリジナリティを加えてまとめるのです。

 

そしたら、商品が完成します。

 

2.販売ページの用意

商品が完成したら、

次に販売ページの用意です。

 

専門用語でセールスページ(セールスレター)と言われます。

縦長の販売ページです。

 

商品ページを作成するにあたって、

大切なことは文章です。

 

ここで言う文章は、セールスコピーライティングと言います。

 

セールスコピーライティングとは、

行動(購入)してもらうために

用意する文章になります。

 

あなたの用意した商品の特徴や、

購入することのメリット、

商品を購入することで購入者がどうなれるのか。

 

他の商品との比較や差別化できる部分。

悩みのぜってい的な解決策。

 

などなど、様々な要素が含まれます。

 

ただ複雑に考える必要はありません。

 

単純に、

なぜあなたが英語をマスターしようと思ったのか、

どうやってマスターしたのか、

実践してどうなったのか、

その時の感想などを交えてストーリーテイストで書くのです。

 

自分には売るための

文章なんて書けない・・・

 

そう思うかもしれませんが、

文章を書く時にイメージすることとしては、

英語ができなくて悩んでいた自分にこんな素晴らしい商品があるんだよ。この商品を手に入れてこうなれたよ。みたいな事を考えて書けばいいのです。

 

そしたら、自然と今悩んでいる人に刺さる文章が書けるようになります。

刺さるというのは、納得、共感される文章という事です。

 

重要なのは、完成させることです。

まずは完成させましょう。

完成できない人がほとんどです。

完成出来たら成功できる準備ができたと思ってください。

 

3.商品の販売開始

商品が完成した、

販売ページも出来た。

 

その後は販売開始になります。

 

ん?

どうやって?

 

はい、あなたはただ待っていればいいのです。

あなたは売れるのを待っていればいいのです。

 

え?

どういうこと?

 

それは、先ほどもご紹介した。

infotopというサイトを使って売ればいいのです。

 

このinfotopというのは、決済代行会社でもあり、アフィリエイターと販売者をマッチングさせてくれる場所でもあります。

 

アフィリエイターというのは、あなたの代わりにあなたの商品を紹介してくれる人になります。

 

アフィリエイターのメリットは、アフィリエイター経由であなたの商品が売れると売り上げから何%という形でアフィリエイターに報酬が払われるのです。

 

この何%アフィリエイターに払うという設定は、販売者自身按分の設定ができます。

 

ただこの何%が多い分アフィリエイターのやる気になります。

 

少しイメージが湧かない場合は、何度も言いますがまずはやってみる事をお勧めします。

 

まとめ。あなたが今やるべきこと

まずは、infotopに登録する

そして、あなたの悩みや改善したいことを書き出す。

そのテーマにあった書籍や最新情報を集める

 

最初の一歩はこの流れになります。

 

もしもわからないことや不明点がありましたら、お気軽にLINEよりご相談ください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました