スポンサーリンク

家賃支援給付。家賃の負担を軽くして事業を立て直そう。

スポンサーリンク
キュレーション
スポンサーリンク

こんにちは、堀江謙介です。(@kentravel0512

5月の緊急事態宣言の延長など、新型コロナウイルス感染症による影響が長引いて、収入減が続くと、収入にかかわらず毎月一定額を支払う家賃が重くのしかかってきます。

持続化給付金を申請しても、家賃の支払いに充ててしまうと事業の立て直しが後回しになってしまいます。

一般生活者には「住宅確保給付金」があります。家賃相当分を支援することで収入を家賃以外の生活費に使い、生活を立て直すものですが、同様に事業用の家賃・地代を支援し、早期に事業の立て直しを図る「家賃支援給付金」の申請が、2020年7月14日から開始となりました。

2021年1月15日まで申請を受け付けています(締め切りまでに申請の受付が完了したもののみが対象)。

給付は一度だけ受けられます。

続きはコチラ

PS: 只今、ストレスフリーで楽しく裕福になるための3つのヒントを無料でプレゼントしています!↓

(クリックしてください)

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました